ふっくりんこ

ふっくりんこ蔵部

ふっくりんこアーカイヴス

  • ■新聞記事など
  • ■お米フォーラム
  • ■写真展
  • ■グッズ
トップへ戻る

蔵部について

「函館育ち ふっくりんこ蔵部」設置要領

わたしたちの地元である道南生まれのお米「ふっくりんこ」を、大切につくり続けていくために、生産から販売までを視野に入れた生産者団体「函館育ち ふっくりんこ蔵部」を立ち上げました。

目 的

道南で生産される函館育ち米の地産地消を「ふっくりんこ」などを主力に推進すること。また、函館育ちブランドをより地場で強化するために、生産者との共通意識と連携を図り、生産・集荷・販売などの方針および情報を、より的確かつ円滑に取り進める。それらの実現のために、函館育ち南部米品質向上委員会における専門的な部会として「函館育ち ふっくりんこ蔵部」を設置する。

構 成

JA(農協)と生産出荷協定をしている組織(米組合・米部会など)によって構成される。そのほか、必要に応じ関係機関の出席協力を求め、意見を聞くことができる。研修会・反省会などは、構成組織の作付生産者全体に対して、必要に応じて実施される。

役 員

部会長および副部会長は、構成組織の代表(正副)より選出し、函館育ち南部米品質向上委員会委員長が任命する。任期は2カ年とする。

事務局

ふっくりんこ生産販売JAが事務局となる。複数のJAが対象となる場合は協議し決定する。

検討事項

次の事項にかかわる検討および情報交流などをおこなう。

  1. 「ふっくりんこ」の生産振興に関すること。
  2. 「ふっくりんこ」の生産・集荷・流通・販売・精算方針に関すること。
  3. 地場消費の販売推進・消費拡大・啓蒙などに関すること。
  4. 地産地消に関すること。
  5. その他必要に応じた事項。
2004(平成16)年8月2日 施行