郷土のお米・信頼の証

ふっくりんこ

ふっくりんこアーカイヴス

  • 新聞記事など
  • お米フォーラム
  • 写真展
  • グッズ

QRコード

携帯サイトにアクセスできます。

顔と田んぼ 2008 山本隆治さん(北斗市)

山本隆治さん(北斗市)
函館育ち ふっくりんこ蔵部メンバー
大野稲作振興会 会長

080916-05.JPG
【2008年9月16日撮影】

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 18:22

顔と田んぼ 2008 木本 勉さん(知内町)

木本 勉さん(知内町)
函館育ち ふっくりんこ蔵部 副部会長

080916-02.JPG
【2008年9月16日撮影】

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 18:18

2008年09月09日

サイロの屋上から(1)

北斗市文月にある「函館育ち ライスターミナル」の屋上から、
北海道の稲作発祥の地である大野平野を一望する。

まだまだ青々とした田んぼ。収穫まで、もう少し。
いまは、じっくりゆっくりお米が熟していく時季です。

0809-rt01.JPG
◆手すりなどありません。正直、足が(すこしだけ)すくみました。
 平野の向こう、津軽海峡に浮かぶ函館山が見えます。

続きを読む "サイロの屋上から(1)" »

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 16:07

2008年06月01日

田植え(知内町)

日 時:2008年5月24日(土) 午前10時〜
場 所:知内町上雷地区
田んぼ:橋本清一(函館育ち ふっくりんこ蔵部)

肌寒い。厚い雲に覆われた空。
橋本さんの田んぼでは、昨年と同じ日に田植えが始まった。
およそ1週間かけての作業。
例年は田んぼの向こうに見える千軒岳の冠雪を遠望しながらの撮影なのだが、
この日は昼前後から急激に気温が下がり、田んぼはガスに包まれていった。

080524-01.JPG
◆およそ1カ月かけて育った苗。じゃっかん短め。

続きを読む "田植え(知内町)" »

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 03:18

2008年05月20日

田園風景のいろいろ

日 時:2008年5月19日(水) 午前11時半
場 所:北斗市(旧大野町)

いつもの田んぼのお隣で見つけた風景です。

080520-01.JPG
◆田んぼの近くで、まばゆい閃光に出会いました。アーク溶接してます。
 なにを修理しているのでしょうか?

答えは続きで。↓

続きを読む "田園風景のいろいろ" »

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 10:34

2008年05月19日

田おこし〜水入れ

日 時:2008年5月19日(水) 午前10時半
場 所:北斗市開発(旧大野町)
田んぼ:斉藤秀樹(函館育ち ふっくりんこ蔵部)

080519-01.JPG
◆日ごとに生長する「ふっくりんこ」の苗

ハウスでは苗がすくすく育ち、
いよいよ田んぼでの作業が始まります。

続きを読む "田おこし〜水入れ" »

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 16:13

2008年05月11日

田んぼ猫

橋本清一さん(知内町)の田んぼには、とにかく猫がたくさんいます。
名前は聞いたはずですが、すっかり忘れてしまいました。
いつも、見かけるたびに
「おっ、今年も田んぼ猫を発見!」と頭の中でつぶやいているからです。

そんなわけで、橋本さんの田んぼ猫を紹介します。

080429-tanboneko07.jpg
◆背中の模様をよく見ると、
 渡島半島と下北・津軽半島(白い部分が津軽海峡)が浮かび上がってくる。
 ・・・ような気もします。

続きを読む "田んぼ猫" »

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 17:57 | コメント (2)

2008年05月05日

今年の種まき(知内町) 後編

日 時:2008年4月29日(火) 午前10時〜正午
場 所:知内町上雷地区
田んぼ:橋本清一(函館育ち ふっくりんこ蔵部)

続きです。
橋本さんの田んぼを取材するときは、なぜかいつも休憩時間に到着します。

080429-05.jpg
◆今年もおばあちゃん(米ポスターでおなじみ)からバナナをもらった。

続きを読む "今年の種まき(知内町) 後編" »

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 08:02

2008年05月03日

今年の種まき(知内町) 前編

日 時:2008年4月29日(火) 午前10時〜正午
場 所:知内町上雷地区
田んぼ:橋本清一(函館育ち ふっくりんこ蔵部)

連休前半の最終日、橋本さんの田んぼで種まきがおこなわれました。
このように、祝日でも関係なく働くのを見ると、
農家には平日も祝日も関係ないかのようにも感じます。
しかし、よくよく皆さんのお話を聞いてまわると、
「田んぼの暦」と「一般のカレンダー」の間には密接な関係があることがわかります。

四季の移ろいや苗の生長は、平日だろうが週末だろうが連休だろうが関係ありません。
しかし、種まき・田植えなどの作業は人手が必要なので、
やはり週末や休日に合わせた方が便利です。
これは、日本という国が、農村から都市中心の社会に変化したことで、
新たに加わった「農事暦」のルールなんだと思います。
そういう意味で、「田んぼの暦」と「一般のカレンダー」は無関係ではないのです。

080429-01.JPG
◆水が貯まった田んぼ。
 「せっかく良い感じに田んぼが乾いてきたのに、今年も田おこし前に雨が降っちまったよ」と嘆いた橋本さん。

続きを読む "今年の種まき(知内町) 前編" »

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 07:34

2008年04月26日

今年の種まき(北斗市)

日 時:2008年4月26日(水) 午前11時
場 所:北斗市開発(旧大野町)
田んぼ:斉藤秀樹(函館育ち ふっくりんこ蔵部)

今年も田んぼの季節がやって来ました。
今週は種まき作業のピークです。
斉藤秀樹さんは21日から開始して本日(26日)で終了。

「春が早いけども、朝晩がぐっと冷え込むべさ。
 寒暖の差が激しいのが気になるな。
 雪解けが早く、しばらく雨も降っていないから、
 田んぼに水をはる時季に、水不足にならないか心配。
 種の生育は順調すぎで、21日に播いた種は芽を出しているよ」

※26日朝5時の気温は函館市内で2.2度を記録。

080426-kao.JPG
◆おなじみ斉藤秀樹さん。函館育ち ふっくりんこ蔵部 部会長。
 実は麦わらが似合う男でもある。

続きを読む "今年の種まき(北斗市)" »

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 16:12

ブログ内検索

前の10件 123456789

▲ ページトップへ