郷土のお米・信頼の証

ふっくりんこ

ふっくりんこアーカイヴス

  • 新聞記事など
  • お米フォーラム
  • 写真展
  • グッズ

QRコード

携帯サイトにアクセスできます。

2008年04月07日

故郷を食べよう。

「田んぼの風景」と「田んぼに関わる人々」をテーマにしたポスター(3種)を、
JA新はこだてが制作しました。
函館市内・近郊の米穀店に配布されます。

kakasi.JPG
◆この案山子(かかし)は、昨年、北斗市(旧大野町)の田んぼで田植え体験をした
 NPO法人なちゅらすの子どもたちがつくったもの。

続きを読む "故郷を食べよう。" »

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年04月07日 21:44 | トラックバック (1)

2011年01月28日

【速報】日本農業大賞 特別賞を受賞!


わたしたち「函館育ち ふっくりんこ蔵部」が、
第40回日本農業大賞の特別賞を受賞しました。


日本農業賞は、農業への意欲的な取り組みや優れた功績を表彰する賞で、
全国農業協同組合中央会とNHKが主催しています。


NHKニュースで紹介されました。こちら

詳細は続報します!

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2011年01月28日 19:36 | コメント (2)

2011年12月30日

特別番組「函館育ち ふっくりんこセミナー」のご案内

昨年11月16日に開催された「函館育ち ふっくりんこセミナー」の様子が、
NCV(函館のケーブルTV局)で2時間の特別番組として放送されます。

  【放送日】2012年1月 毎週土曜・日曜日
       (7・8・14・15・21・22・28・29日)

  【時間帯】15:00〜 21:00〜

---------------------------------------------------------
第1部 出演者紹介
---------------------------------------------------------

「食べよう。語ろう。みんなのお米。」
パネリスト

 今金町農家
 函館育ち 北部米品質向上委員会 委員長
 中野 公郎 さん

 知内町農家
 函館育ち ふっくりんこ蔵部 委員長
 木本 勉 さん

 渡島農業改良普及センター
 主任普及指導員
 名取 雅之 さん

 函館鮨同業会 会長
 函館市柏木町「鶴寿司」店主
 豊田 隆夫 さん

 フリーランスライター
 ものかき工房 代表
 髙山 潤 さん


テーマ「こだわりの美味しいごはん」
望楼NOGUCHI函館 料理長
江口 明信 さん
 江差町出身。1980(昭和55)年、函館短期大学付設調理師専門学校を卒業し、函館の老舗割烹「はいや」に入社。以後、函館市内の料理店勤務を経て、平成5(1993)年に野口観光「飛天」入社。平成17(2005)年から料理長を務める。
 函館割烹調理師会(役員)。函館短大調理師専門学校、非常勤講師。ふぐ処理資格・日本料理専門調理師資格など。


テーマ「高校生の食生活と食文化」
函館大妻高等学校 教諭
鈴木 智美 さん
 函館短期大学、日本女子大学家政学部食物学科を卒業。栄養士、高等学校教諭(家庭・福祉)。高校では「家庭基礎」「食品学」「食文化」「生活支援技術」などの授業を担当している。


テーマ「お米を健康的に食べよう。」
管理栄養士
深谷 令子 さん
 函館大谷女子短期大学家政科を卒業。函館市立松風小学校・西小学校を経て、1981(昭和56)年より市立函館保健所に勤務。乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層を対象に、「健康づくりの食生活」を実践するための栄養指導をおこなってきた。2010年に同所退職。


---------------------------------------------------------
第2部 ふっくりんこ創作料理 試食会
---------------------------------------------------------

函館国際ホテル 総料理長
中華中医薬学会 国際薬膳調理師
木村 史能 さん

 旧恵山町出身。1980(昭和55)年、函館短期大学付設調理師専門学校卒業、函館国際ホテル入社。東京ニューオータニでの研修を皮切りに、全国の中華同業者をはじめとする多岐にわたる分野の人士と交流し、料理にかかわる知識・技術の向上をはかってきた。
 総料理長として采配をふるかたわら、函館短大調理師専門学校・函館大妻高校(食物健康科)をはじめとして、地元の学校・団体・企業などでの講師を精力的につとめている。

【受賞歴】
 第3回 中国料理世界大会冷盤 銀賞
 第1回 ワインを楽しむ中国料理全国大会 準グランプリ
 北海道全調理師中国料理技能コンクール 金賞
 北海道知事賞 金賞
【免許・資格】
 労働省中国料理技能士 免許 厚生省中国料理専門調理師 免許
 全日本薬膳食医情報協会認定「薬膳調理指導員」 免許
 専門調理食育推進員 認定証


函館国際ホテル 副総料理長
全日本司厨士協会 函館支部副幹事長
野呂 圭二 さん
 1988(昭和63)年、函館国際ホテル入社。伝統を重んじながらも、常に新たな趣向の料理を提供することを信条とする。立食料理に華やぎを添える氷細工にも取り組み、世界大会への出場歴あり。現在、函館アイスカービング幹事長。


【寿 司】 ふっくりんこのシャリを使ったお寿司 6種 (函館鮨同業会)
【洋 食】 ふっくりんこ米粉パスタのサラダ仕立て
【洋 食】 ふっくりんこライスコロッケのトマトソース
【中 華】 上ノ国町産「フルーツポーク」のふっくりんこ米粉まぶし蒸し
      七飯産「王様しいたけ」と豚バラのもち米(風の子もち)まぶし蒸し
【洋 食】 ふっくりんこ米粉の手打ちラザニア
【中 華】 ふっくりんこの特製五目炊き込みチャーハン
【中 華】 西太后が好んで食した胡桃とふっくりんこ米粉のおしるこ
      チャウニャー乗せ杏仁豆腐

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2011年12月30日 17:55

2013年03月24日

お母さんの手作り料理ランチ

新はこだて農協 大野基幹支店女性部の主催。
大野国道沿いにある「あぐりへい屋」に併設された厨房で、
農家のかあさんが地元の野菜・豆・米(もちろん「函館育ち ふっくりんこ」です)などを
ふんだんに使った家庭の味を調理した。
皿を数えたら37品ほどあった。盛りつけ自由のひとり600円。


ちょっと照れつつお料理。


皿盛りの料理に加えて、「ふっくりんこ」を炊いた白めしと味ごはんが食べ放題。
野菜と大豆がたっぷりの呉汁もお代わりを何度もすすめられた。


ごく一部です。ここからレンズを左右に振っても、料理皿がどっさり。


次々と料理が完成されていく。もう並べられないよ。


ひとり1トレーを渡されますが、とてもすべての料理は盛りつけられない。


ふたりで手分けして、30品目ほど盛りつけた。それでも全部じゃない。


パンにのせたトマトじゃむ。イチゴとリンゴのゼリー。


雪解けを控えた農閑期だからこそ実現した企画ですが、
農家(農業)のちからを腹で感じることができる催事でございました。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2013年03月24日 16:13

ブログ内検索