郷土のお米・信頼の証

ふっくりんこ

ふっくりんこアーカイヴス

  • 新聞記事など
  • お米フォーラム
  • 写真展
  • グッズ

QRコード

携帯サイトにアクセスできます。

ふっくりんこ で1周年を祝う!

函館駅前のロワジールホテル函館(若松町)では誕生1周年を記念して、
5月31日まで館内レストランで記念イベントを開催中です。
この期間中、すべてのお米メニューに「函館育ち ふっくりんこ」を使用!

090402-03.JPG
◆期間中に提供されるメニューの一例

ロワジールホテルのめざす「地域性豊かなホテル」というコンセプトと、
「海産物だけじゃない、函館の観光資源。お米を紹介したい」という熱意を受け、
JA新はこだて・函館育ちふっくりんこ蔵部による全面協力を約束しました。

090402-01.JPG
◆朝食(※)では、ご注文をいただいてから握る「ふっくりんこ おにぎり」を提供。具も道南産に大こだわり。どんこ味噌・青のりガゴメ・おろしじゃこ醤油など。

※期間中は宿泊客以外にも朝食メニューを開放。
 通常1730円のところを1300円で提供します。

090402-02.JPG
◆ふっくりんこで仕込んだ純米吟醸酒「飲ん米」。限定醸造です。
 (写真のボトルは純米酒です。)

ディナーメニューには「ふっくりんこーす」なども登場。
ふっくりんこ米粉を使ったパンやデザートにも大注目。

イベントの詳細はコチラをご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2009年04月02日 14:18

コメント (2)

北斗市の高田さん、コメントありがとうございます。
たしかに、「ふっくりんこ」がフューチャーされているということで、いつも「肉肉肉肉肉」な私も、「ふっくりんこ」を使ったいろんなメニューを楽しむ食べ方をしていました。
ホテルのブッフェは、一流の料理をリーズナブルに味わえる食事形式であることを知ることができました。

北斗市の高田です。
26日に家族4人でロアジールホテルのビュッフェに行ってきました。ビュッフェやバイキングに行くと、肉類やスパゲッティーをばかり食べ、ご飯なんてほとんど食べない子供達(私も含めて)が、「白いご飯が美味しい!」といってお代わりをたくさんしました。また、ご飯に合う料理が多くて、ご飯が本当に進みます。
ご飯は白くてツヤがあって、一粒ずつしっかりた炊きあがりなので、見るからに美味しそうです。また、保温をしている時に感じるイヤな臭いもなく、「ふっくりんこ」の持ち味を十二分に味わえました。大満足です。
レストランの雰囲気もよく、家族連れでも大丈夫(我が家が行けるのだから)、料金もリーズナブルなので、おすすめです。「ふっくりんこ」を宣伝したい人には一押しだと思います。

投稿者:高田 | 2009年04月27日 12:47

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)