郷土のお米・信頼の証

ふっくりんこ

ふっくりんこアーカイヴス

  • 新聞記事など
  • お米フォーラム
  • 写真展
  • グッズ

QRコード

携帯サイトにアクセスできます。

田んぼ猫

橋本清一さん(知内町)の田んぼには、とにかく猫がたくさんいます。
名前は聞いたはずですが、すっかり忘れてしまいました。
いつも、見かけるたびに
「おっ、今年も田んぼ猫を発見!」と頭の中でつぶやいているからです。

そんなわけで、橋本さんの田んぼ猫を紹介します。

080429-tanboneko07.jpg
◆背中の模様をよく見ると、
 渡島半島と下北・津軽半島(白い部分が津軽海峡)が浮かび上がってくる。
 ・・・ような気もします。


080429-ranboneko01.jpg
◆休憩中の足下にからみついて、エサをねだる田んぼ猫。

080429-tanbineko02.jpg
◆ビニールハウスの前に座って、(たぶん)見張りをしている田んぼ猫。

080429-tanboneko03.jpg
◆見張りに飽きたので背中を掻いてみる田んぼ猫。

080429-tanboneko04.jpg
◆見知らぬ人を見つけて、驚いて目を見開く小さめの田んぼ猫。

080429-tanboneko05.jpg
◆家人から、この人は取材に来た人だよ、と教えられている田んぼ猫。
 なるほどニャー、と鳴いて納得した顔に。

080429-tanboneko06.jpg
◆わらわらと集まってきた田んぼ猫。もっといる。

【田んぼ記者/高山潤

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年05月11日 17:57

コメント (2)

pooさん、コメントありがとうございます。
二〜三代さかのぼると、同じ先祖猫かも知れませんね。
橋本さんの田んぼには、あと三猫くらい暮らしているはずです。

道南の田んぼは、今月下旬の田植えに向かって、田おこし・水入れ・代掻きと作業が進んでいます。

大地と太陽と風と、そして作り手の汗と思いがつまってますから。今年もぜったい美味い米ができるはず。
これから半年、取材が楽しみです。

2匹目の、うちのネコに似てます。
そんなとこまで狩りに出てるんだろうか(笑)。

個人的には3匹目のぷっくり下半身のつぶらな瞳の
ネコが好みです☆

昨日、松前からの帰り、木古内の田んぼも水を
張り始めていました。
いよいよですねー。

今年もお百姓さんに感謝して、大地の恵みを
いただきます☆

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)