郷土のお米・信頼の証

ふっくりんこ

ふっくりんこアーカイヴス

  • 新聞記事など
  • お米フォーラム
  • 写真展
  • グッズ

QRコード

携帯サイトにアクセスできます。

2008年01月 ふっくりんこ蔵部 記事一覧

2008年01月07日

ふっく弁当コンテスト 応募作品No.001

◆お弁当名◆「彩」

bento-001.JPG

◆応募者◆ペンネーム:「かおる」さん(函館市)

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、ブロッコリー(国内産)、ゆでたまご(北海道産)、きゅうり(北海道産:品名「フリーダムきゅうり」)、ちくわ(堀川株式会社北海道工場-恵庭市)、いちご(北斗市-JA新はこだて大野支店/さがほのか)、みかん(有田みかん)

◆コメント◆冷蔵庫にあった食材でつくりました。こだわりは、イチゴ(10粒で780円!)。シンプル(手抜きに見えるかな?)なお弁当ですが、栄養バランス(タンパク質・ビタミン・食物繊維)を考えてるんですよ。

■事務局より■白、緑、赤、黄、オレンジ色。彩(いろど)りが鮮やかですね。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月07日 18:54

2008年01月10日

ふっく弁当コンテスト 応募作品No.002

◆お弁当名◆「どかべん」

bento-002.JPG

◆応募者◆ペンネーム:「つるちゃん」さん(七飯町)

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、梅(七飯町産)、シソ(大沼産-自家製)、たらこ(鹿部産)、きゅうり(北海道産)

◆コメント◆梅干しは、おふくろの自家製。梅は地元で購入し、シソは庭先で摘み取ったもの。天日干しでつくった本物です。懐かしい弁当箱に「ふっくりんこ」をよそったら、たくさん入りすぎてしまいました。おかずが少なかったので、かえって「ふっくりんこ」のおいしさ(とくに甘み)を感じることができたお弁当でした。

■事務局より■潔(いさぎよ)し。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月10日 15:00

2008年01月17日

ふっく弁当コンテスト 作品No.003

◆お弁当名◆「ぴよ弁」

bento-003.JPG

◆応募者◆ペンネーム:「ぴよ」さん(函館市)

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、たまご焼き(ホクレン)、たこさんウィンナー・かにさんウィンナー(ニッポンハム)、かぼちゃ(道南産)、北海道カマンベールチーズ(北海道産)

◆コメント◆ふっくりんこを「ケチャップごはん」にしました。固めに炊いてパラパラに炒めましたが、ふっくちんこの甘みはしっかり残ってましたよ。ちなみに、このお弁当容器は100円ショップで見つけたもの。

■事務局より■こんどは「いかさんウィンナー」をつくってください。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月17日 12:32

2008年01月19日

ふっく弁当コンテスト 作品No.004

◆お弁当名◆「激うまオニギリ」

bento-004.JPG

◆応募者◆ペンネーム:「小野」さん(函館市)

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、ツナ(缶詰)、梅干(不明)、しそ(不明)、オオバ(北海道産)

◆コメント◆オイリーなツナ、ほぐした梅干の酸味、アクセントのオオバ。思わず次々と手を伸ばしてしまう味です。以前、職場のお花見に持っていったら、「これはキケンだ。俺をダメにする。止まらない。」という高い評価をもらいました。試してみてください。

■事務局より■こちらは事務局への差し入れでした。マジで超うまです。おかずいらず。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月19日 10:54

2008年01月20日

ふっく弁当コンテスト【作品例2】

◆お弁当名◆「タラコふっくりんこ」

fukkuben-sakurei2.JPG

◆応募者◆コンテスト事務局

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、たらこ(乙部町産)、のり(不明)、りんご(青森県産)、鶏肉(北海道産)、ピーマン・赤ピーマン(産地不明)、ミニトマト(宮崎県産)

◆コメント◆最初の作品例が評判良かったので、またまたつくってみました。今回は、ふっくりんこにタラコを混ぜこんで顔の色をつけています。ほっぺはトマトです。リンゴはいちおう今年の干支のネズミですが、お弁当箱に入れたらよくわからなくなりました。

※「ふっくりんこ」キャラクターを描かなくても応募できます。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月20日 18:07

2008年01月25日

ふっく弁当コンテスト 作品No.005

◆お弁当名◆「愛情いっぱい弁当(仮)」

bento-005.JPG

◆応募者◆ペンネーム:「いっちょく」さん(北斗市)

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、にら(知内町産「北の華」一番にら!)、卵(スズキのタマゴ:道南産)、ベーコン(道内加工品)、ミニトマト(埼玉県産)、とりのからあげ(冷凍食品)

◆コメント◆いつもどおりの愛妻弁当です(ということで…)。知内にらで作ったにら玉がこだわりかな?

■事務局より■お弁当名の「(仮)」が気になりますが。知内町のニラは包装フィルム(?)にQRコードが印刷されていて、携帯でアクセスすると生産者の顔を確認できるんですよね。毎回チェックしちゃってます。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月25日 02:10

ふっく弁当コンテスト 作品No.006

◆お弁当名◆「何の変哲もない愛妻弁当」

bento-006.JPG

◆応募者◆ペンネーム:DEBU(北斗市)

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、じゃがいも(今金町産:今金男爵)、にら(知内産「北の華」一番にら!)、函館育ち ほうれんそう(たぶん七飯町産)、チーズ(道内産)、バター(道内産)、さつまあげ(産地不明)

◆コメント◆うちの奥さんが日々悩んで作ってくれるお弁当。今日は娘のおかずの余りではありませんでした。

■事務局より■「何の変哲もない」と言いつつ「愛妻弁当」とネーミングしているところに深い愛情を感じます。ちなみに、ペンネームに親近感を覚えた事務局でした。

※作品No.005〜No.009は、「渡島農業改良普及センター 渡島南部支所」職員の皆さんからのご応募です。職場や学校たんいでのご参加もお待ちしています。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月25日 02:12

ふっく弁当コンテスト 作品No.007

◆お弁当名◆「毎日栄養たっぷり弁当」

bento-007.JPG

◆応募者◆ペンネーム:不惑の40代(知内町)

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、ポークウィンナー、鮭切り身、切り干しだいこん、にんじん、あげ、エビ、イカ、ホタテ、タケノコ、グリーンピース、かいわれだいこん、たまねぎ、ミニトマト、プロセスチーズ、刻み昆布 ※作ってもらっているので産地不明。きっと道南食材もあるはず!?

◆コメント◆毎日朝6時から嫁さんが作ってくれてます。感謝感謝。今日も残さずゴチソウサマ!

■事務局より■うーん、具だくさん。写真上奥に写っているのは味噌汁でしょうか。ご飯の上に乗った刻み昆布で、奥さまからの愛のメッセージ(英文筆記体)が書かれています。違うか。

※作品No.005〜No.009は、「渡島農業改良普及センター 渡島南部支所」職員の皆さんからのご応募です。職場や学校たんいでのご参加もお待ちしています。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月25日 02:14

ふっく弁当コンテスト 作品No.008

◆お弁当名◆「梅おにぎり」

bento-008.JPG

◆応募者◆ペンネーム:とくめいきぼう(知内町)

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、梅干し(道内産)、のり(産地不明)

◆コメント◆日本人はおにぎりでしょう。お米の味がすべてです!

■事務局より■同感。

※作品No.005〜No.009は、「渡島農業改良普及センター 渡島南部支所」職員の皆さんからのご応募です。職場や学校たんいでのご参加もお待ちしています。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月25日 02:17

ふっく弁当コンテスト 作品No.009

◆お弁当名◆「漢(おとこ)弁当」

bento-009.JPG

◆応募者◆ペンネーム:たろー(知内町)

◆使用食材◆函館育ち ふっくりんこ(道南産)、鶏もも肉(伊達産)、長ねぎ(道南産)

◆コメント◆お弁当名は先輩に命名されました。とにかくぎっしり詰めた「メシ」!(約一合)。美味しいお米をぐいぐい飲み込むと幸せになれますよ! おかずもできるだけ道内産を意識して買ってます。

■事務局より■くーっ、サイコーです。がつがつ喰らいたい。わしわし頬ばりたい。高校生のころ、こんなお弁当を毎日二つ持っていきました。3時間目の中休みに早弁して、お昼におかわりをして、部活のあとで菓子パンを食べる。そんな青春の日々を思い出させるお弁当です。

※作品No.005〜No.009は、「渡島農業改良普及センター 渡島南部支所」職員の皆さんからのご応募です。職場や学校たんいでのご参加もお待ちしています。

ふっくりんこ弁当コンテストの詳細は、
コチラの記事をご覧ください。

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2008年01月25日 02:20 | コメント (1)

ブログ内検索