郷土のお米・信頼の証

ふっくりんこ

ふっくりんこアーカイヴス

  • 新聞記事など
  • お米フォーラム
  • 写真展
  • グッズ

QRコード

携帯サイトにアクセスできます。

月刊 函館育ち ふっくりんこ通信(第8号-最終回)

掲載日:2007年12月30日(日)
紙 面:北海道新聞(函館・道南版)朝刊

提 供:北海道米販売拡大委員会
    ※生産農家の皆さんによる出資金で掲載されています。
取材協力:函館育ち ふっくりんこ蔵部
写真撮影:高山 潤(ものかき工房)
企画制作:北海道新聞函館支社広告部

新年も信念の米づくり 12月号

いよいよ冬がやって来ました。
田んぼにも霜月の風が吹き、雪が舞い落ちる季節です。
今回は田んぼからご家庭に取材現場を変えて、
「ふっくりんこ」への応援メッセージを集めてきました。


◆「月刊 函館育ち ふっくりんこ通信」第8号(クリックで拡大)
 ※ブラウザによっては一部が表示されない場合がありますが、
  その際は画像ファイルをダウンロードしてご覧ください。

------------------------
おかわり先生
鈴木智美さん
------------------------
栄養士、函館大妻高等学校教諭(家庭科)。来年4月に開設する新学科「食物健康科」では栄養学などを担当。おにぎり大好き。
------------------------

【質問】ダイエットのためには、ごはんを控えるべきでしょうか?

【回答】ダイエットをするなら、逆にごはんを主食にすべきでしょう。ごはん(お米)は穀類の中で、優れた栄養バランスを持つ食品です。ふくまれている糖質のほとんどがデンプンで、脳などの働きを助けます。もし、ダイエットのためにごはんを減らしてしまうと、エネルギー不足が原因で疲れやすい・無気力になるなどの症状が出て、体を動かすことが辛くなります。これではカロリーの消費量が減り、体重減量には悪循環です。
 また、ごはんは消化時間が長く腹持ちがよいので、食べすぎを避け、間食(おやつなど)を減らすことになり、肥満予防につながります。パンやメン類と違って、ごはんは汁物や主菜(おかず)と一緒に食べますから、自然にバランスの良い栄養を取り込めます。


------------------------
おかわり先生
田山光幸さん
------------------------
JA新はこだて、米穀課(課長)。「函館育ち」のお米が広く長く愛されることをめざし、日々忙しく活動中。「次はもち米だ」。
------------------------

【質問】お米の保存方法を教えてください。

【回答】お米のおいしさには、野菜などと同じく鮮度が大切です。1カ月程度で食べきれる量を購入してください。ご家庭では、温度変化が少なく日光が当たらない場所で、密封して保存するのがベスト。台所などに設置した米びつは、お米が空気に触れて乾燥と酸化が進みますから、実はあまり良い条件ではありません。また、冷蔵庫もおすすめできません。庫内と室温の温度差が大きく、お米がひび割れする恐れがあるためです。
 ちなみに、「函館育ち ふっくりんこ」は、籾(もみ)の状態で巨大サイロ(函館育ちライスターミナル)に保存されます。サイロ内は低温に保たれ、お米は冬眠状態になり、秋のとれたての状態をキープしています。


------------------------
おかわり先生
菅原 彰さん
------------------------
北海道立道南農業試験場(北斗市)、作物科研究職員。道南農試で生まれた品種「渡育240号」が、現在の「ふっくりんこ」となった。
------------------------

【回答】「ふっくりんこ」の田んぼが広がる大野平野に、「北海道水田発祥の地」碑が立っています。北海道でのお米づくりは、ここ道南で始まりました。
 ひと昔前まで、北海道のお米は「寒さに強いこと」が絶対条件でした。しかし、おいしいお米をつくろうという声が高まり、道南農試では「コシヒカリ」のおいしさを取り入れた初めての北海道品種を開発しました。この品種から「きらら397」が生まれ、北海道米の評価が高まりました。
 このように、道南には「おいしくて寒さに強いお米」を育ててきた歴史があり、その努力が地元のスター「ふっくりんこ」を生みだしたわけです。


------------------------
おかわり先生
王 未来さん
------------------------
ラッキーピエロ、専務取締役。12月28日に14店舗目の昭和店がオープン。カレーなどのライスメニューに「ふっくりんこ」を使用。
------------------------

【質問】まだ「ふっくりんこ」を食べたことがありません。プロの評価を聞かせてください。

【回答】どんなお米でも炊きたてはおいしいもの。でも「ふっくりんこ」は、冷めてもおいしいのが最大の特徴ですね。お米の粒が大きく、ふっくらしてあまみが強く、白い輝きがあるのも魅力です。
 2004年10月からラッキーピエロ全店で「ふっくりんこ」を使っています。お店の全メニューに品質の良い道産食材を取り入れ、「地産地食」を積極的に進めています。「ふっくりんこ」はその第一歩でした。
 品質基準を守ってつくられた「ふっくりんこ蔵部」のお米は、安心しておいしく食べられるお米です。つくり手の皆さんが、これからも高品質な「ふっくりんこ」を育て続けていく限り、地元の田んぼを応援していきます。

----------------------------------
読者プレゼント 米袋5kg×毎月8名様
----------------------------------
 わたしたちの地元で生まれたお米「函館育ち ふっくりんこ」に応援の言葉を! お寄せいただいたメッセージは、生産者(函館育ち ふっくりんこ蔵部)のみなさんにすべてお伝えいたします。
 ご応募いただいた方から抽選で8名様に、感謝の気持ちを込めて「函館育ち ふっくりんこ」(5kg)をプレゼントいたします。

【応募要項】
 はがき・封書・ファクシミリ・電子メールにて。アンケートおよびメッセージをお書き添えの上、下記の宛先までご応募ください。当選者は渡島・檜山管内の在住者に限らせていただきます。

◆アンケート
(1)氏名 (2)年齢 (3)性別 (4)住所 (5)家族構成 (6)出身地 (7)毎月のお米購入量(kg)と銘柄 (8)ふっくりんこ蔵部(お米農家)への応援メッセージ (9)お米に関する疑問や質問、この紙面の感想など

◆メッセージ
「函館育ち ふっくりんこ」への印象や感想、生産者への応援、お米に関する質問、お米について知りたいこと、など。

◆応募締切
2008年1月21日(月)必着

◆応募宛先
郵 送:〒040-8688 函館市五稜郭町31番3号 北海道新聞函館支社広告部「函館育ち ふっくりんこ」係
メール:hkd-ad@hokkaido-np.co.jp(件名「ふっくりんこ」)
FAX:0138-32-5129

※応募に関する個人情報は、賞品発送にのみ利用いたします。※当選(抽選)発表は紙面にて。※賞品をお選びいただくことはできません。※メッセージは紙面で紹介される場合があります。

【プレゼント賞品】
 ホクレン パールライス 5kg 2名様
 函館米穀 5kg 2名様
 JA新はこだて 5kg 2名様
 私市兄弟商店 5kg 2名様

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2007年12月30日 16:30

コメント (1)

今年も美味しい、ふっくりんこの豊作を願ってます。

投稿者:林 栄子 | 2016年08月13日 20:27

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)