郷土のお米・信頼の証

ふっくりんこ

ふっくりんこアーカイヴス

  • 新聞記事など
  • お米フォーラム
  • 写真展
  • グッズ

QRコード

携帯サイトにアクセスできます。

2012年05月30日

田植えの風景

知内町・木本勉さんの田んぼにて。


あたためられた田んぼの水と外気温との差によって生まれた霧。

※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2012年05月30日 22:17

2012年07月23日

幼穂(ようすい)を見てみよう!

7月中旬、稲の付け根を切り割ってみると、
そこには稲穂の赤ちゃん=幼穂(ようすい)を見つけられます。

分蘖(ぶんげつ)して増えた株から、真ん中の長い一本を選びます。


根本のあたりを半分に切り分けて、稲のなかを観察してみます。


小さな小さな稲穂の赤ちゃんを見つけることができました。
この一粒一粒がどんどん上へと伸びていって稲穂に生長します。

この写真は7月21日に撮影しているので、
すでに「赤ちゃん」から「小学生」くらいに生長している状態です。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2012年07月23日 23:00

2012年08月22日

お米の開花と受粉

8月中旬、うす緑色の「もみ」が並んだ稲穂に、
小さな変化があらわれます。


これは稲の開花と受粉の様子です。


緑色の「もみ」が花のつぼみになります。
そこから伸びている白い部分(「やく」と呼ばれます)が「おしべ」です。


「おしべ(やく)」の中には、たくさんの花粉が入っています。
この花粉が、もみの中にある「えい」と呼ばれる部分にこぼれ落ちると、
その中にある「めしべ」に受粉します。


受粉すると「えい」は閉じてしまします。
花が咲いてから閉じるまでは、わずか2時間ほどです。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2012年08月22日 23:51

2012年10月07日

黄金色の田んぼ(知内町)

「函館育ち ふっくりんこ蔵部」の部会長・木本勉さんの笑顔とともに。

田んぼはざわざわとした音で包まれています。


※画像をクリックすると拡大します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【撮影】田んぼ記者 高山 潤(ものかき工房
---------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者: 函館育ち ふっくりんこ蔵部 日時: 2012年10月07日 10:54

ブログ内検索